ステーキナイフ

アルティジャーノスカルペリア製作のハンドクラフト ステーキナイフ

ユニークな手造りの贅沢


正規輸入代理店

エトリヴァンは今年で32年を迎えました。機会があって厨房、レストラン用の刃物を扱うことになりました。
これも何かの縁で生産者はトスカーナ、それもフィレンツェ。ということで正真正銘の Made in Italy です。イタリアと日本の刃物屋の歴史には共通するものがあります。日本は平和な江戸元禄期に入ると武器(刀など)の需要は下降し、それに代わって農具などの生産が増えていきました。越前の打ち刃物は農具などと一緒に越中富山の薬売りが各地に広めたという話を読んだことがあります。アペニン山中、スカルペリアの生産の変遷も似ています。
ちなみに我が家の台所では「有次」, 「木屋」,「町勘」, 「宮文」,といろいろな刃物を使っていますが、研ぎはいつも札幌の「宮文」に出しています。ワインもそうだけど、刃物にも知らず知らずのうちにこだわっていたのでしょう。
Made in Italy
にこだわる方々は一度ご覧になってみたらいかがでしょうか。

エトリヴァンは今年で32年を迎えました。機会があって厨房、レストラン用の刃物を扱うことになりました。
これも何かの縁で生産者はトスカーナ、それもフィレンツェ。ということで正真正銘の Made in Italy です。イタリアと日本の刃物屋の歴史には共通するものがあります。日本は平和な江戸元禄期に入ると武器(刀など)の需要は下降し、それに代わって農具などの生産が増えていきました。越前の打ち刃物は農具などと一緒に越中富山の薬売りが各地に広めたという話を読んだことがあります。アペニン山中、スカルペリアの生産の変遷も似ています。
ちなみに我が家の台所では「有次」, 「木屋」,「町勘」, 「宮文」,といろいろな刃物を使っていますが、研ぎはいつも札幌の「宮文」に出しています。ワインもそうだけど、刃物にも知らず知らずのうちにこだわっていたのでしょう。
Made in Italy
にこだわる方々は一度ご覧になってみたらいかがでしょうか。

エトリヴァンロゴ
エトリヴァンは今年で32年を迎えました。機会があって厨房、レストラン用の刃物を扱うことになりました。
これも何かの縁で生産者はトスカーナ、それもフィレンツェ。ということで正真正銘の Made in Italy です。イタリアと日本の刃物屋の歴史には共通するものがあります。日本は平和な江戸元禄期に入ると武器(刀など)の需要は下降し、それに代わって農具などの生産が増えていきました。越前の打ち刃物は農具などと一緒に越中富山の薬売りが各地に広めたという話を読んだことがあります。アペニン山中、スカルペリアの生産の変遷も似ています。
ちなみに我が家の台所では「有次」, 「木屋」,「町勘」, 「宮文」,といろいろな刃物を使っていますが、研ぎはいつも札幌の「宮文」に出しています。ワインもそうだけど、刃物にも知らず知らずのうちにこだわっていたのでしょう。
Made in Italy
にこだわる方々は一度ご覧になってみたらいかがでしょうか。
This field must contain Alpha Numeric characters
メールが正しくないです。
ありがとうございました! 投稿が正常に送信されましたt :-)×
Opps! いくつかは間違っていた...あなたの提出は通過しませんでした:-(×


© 2017 エトリヴァン 正規輸入代理店- L'Artigiano Scarperia - アルティジャーノ・スカルペリアのナイフ